おすすめネット銀行

積立貯金の基礎知識

目標額までお金を貯めようと貯金を始めてみたものの、途中で解約してしまい、なかなかお金が貯まらないという人も少なくありません。そのような場合には、積立貯金を試してみることができます。積立貯金とは、毎月といったように定期的にこつこつとお金を貯めていく方法のことです。

では、積立貯金をするに当たり、一体どの銀行を利用することができるでしょうか。利用する銀行によってはお金を更に貯めやすくなるため、是非ともポイントを押さえておきたいものです。

ポイントの一つは、金利をしっかりチェックすることです。

確かに今は低金利の時代ですが、ネット銀行などを利用することによって都市銀行に預けるよりも高い金利で貯金することができます。毎月こつこつと積み立てていくのですから、少しでも金利が高い銀行を選ぶのがポイントです。この点で、ネット銀行の楽天銀行は比較的高めであるため、必ずチェックしておきたい銀行であると言えるでしょう。

加えて、楽天銀行なら1,000円といった少額からの積み立ても可能であると言われています。積立定期金利は1年で0.03パーセントで、比較的高いというメリットがあります。

さらに、ネット銀行である楽天銀行では指定した月だけ多めに積み立てる増額設定も可能なのです。確実にお金を貯めたい人ではまさにお勧めの銀行と言えるでしょう。

また、積立貯金で楽天銀行を利用するもう一つのメリットは、楽天スーパーポイントが貯まるということです。貯まったポイントは、楽天市場で買い物したり楽天銀行を利用する際に必要となる手数料などに使うこともできる大変便利なものです。

他にも、楽天銀行で積立貯金をするなら別の特典を受けることもできます。

楽天証券に口座を開設し、銀行口座を連携させることによって、何と普通預金の金利が1年0.1パーセントにアップするのです。もともと金利が比較的高いところに、さらに高くなる特典ですから、是非とも上手に利用したいと思うことでしょう。

お金を貯める方法

お金を貯めるためには、目的をハッキリとさせることが大切です。
目的をハッキリさせていないと、ゴールが見えないのでいつまで経っても終わりがありません。

そのため途中でモチベーションが低下してしまい、貯金が続かなくなります。
例えば海外旅行に行くという具体的な目的があるなら、必要な旅費を貯金したいというモチベーションがゴールまで続きます。
目的は具体的である必要はなく、1年で100万円貯めるといったものでも良いでしょう。

漠然と貯金生活を始めても継続するのは難しいので、まず最初に目的を決めて下さい。
貯金をする目的が決まったら、次は具体的な行動です。

お金を貯めるためには、収入を増やすか支出を減らすしかありません。
しかし収入を増やすのは簡単にできる行動ではないので、手っ取り早いのは支出を減らすことを意識しましょう。

すぐに効果が出るのは、毎月の固定費を見直すことです。

例えばスマートフォンの料金が高い過ぎるなら、格安なプランやMVNOなどに変更すると良いでしょう。
電気やガスなどの料金も格安なプランが用意されており、ライフスタイルに合わせて変更すれば大幅に固定費を削減できます。
固定費は一度削減してしまえばその後も継続して支出を減らすことが可能となり、貯金に回せる金額を増やせます。

保険料や車の維持費など毎月当たり前のように支払っている費用を、貯金をするなら徹底的に見直して下さい。
節約をするなら、まとめ買いを積極的にするのがおすすめです。

食料品や消耗品など、同じ商品を定期的に買うより一度にまとめ買いをした方がお得になります。
特に最近はネット通販で食料品や日用品のまとめ買いが簡単にできるようになっており、トータルの値段も少量をこまめに買うより安いです。

まとめ買いをしていつも買う商品を少しでも安くするのは、貯金をしていくうえで必須のテクニックです。
これらのテクニックを使えば、目的を達成できる金額まで貯金できる可能性は高まります。